今日は、スイカ割り大会!!(あお・き・あかぐみ)そして・・・各クラスでの保育

 今日は、絶好のスイカ割り大会の日。子どもたちは、朝からそわそわ。今か今かと待っていました。そして、あか組から順番に目隠しをして、スイカに向かいました。なかなか割れないスイカに心配になる子どもたちでしたが、最後はパッカ~ン!!と割れ、「やったー!!」と笑顔。みんなで食べたスイカはおいしかったです。スイカをほおばる子どもたちの表情は、何とも言えない幸福感にみたされていましたよ!!

「今からスイカ割り大会をはじめま~す!!」 「イエ~イ!!」

トップバッターは、あかぐみさん。スイカまで近づくのもやっと・・・

つぎは、きぐみさん。 だんだん前に進むのも上手になり・・・

その様子をこっそり見に来ていたももぐみさん。「がんばれ~!!」

最後は、あおぐみさん。 「ちょっとちょっと・・・」「もっとみぎ~!!」

ようやく命中!!「やった~!!」  あま~いにおいする~!!

「割れたぞ~!!イエ~イ!!」とバンザイ!!

「おいしいよ~!!」とむしゃむしゃ!!

 

「せんせい~、みてみて!!食べたよ!!」満足げな笑顔★

大きなお口を開けてあんぐりと・・・

そのあと、お部屋に戻って保育。いろいろな活動を通して、体験しています!!

あかぐみでは、今日食べたスイカの種の貼り付けの製作。

きぐみは、「氷」に触って感触遊び。「氷って何からできてる??」

「わっつめたい!!」手のひらにのせてみたり・・・

「つるつるしてる~!!」と氷の溶けていく様子に不思議がったり・・・

あおぐみでは、グループごとにスイカの共同製作。

どんな風に作るのか話し合いして・・・

大きなスイカを役割を決めながら製作。完成が楽しみ!!