今年度最後のプール活動を楽しみました(あお組)

 今日は、あお組さんの今年度最後のプール活動がありました。

 月に一度、バスに乗って東みなとこども園の室内プールに行き、講師の坂田先生の元、練習を重ねてきた子どもたち。最初は、水が怖くて顔をつけることができないお友達もたくさんいましたが、今では頭が隠れるまで水に入り、ビート板を使って長い距離をバタ足で泳げるようになりました。

 苦手でも“できない”と諦めるのではなく、意欲的に挑戦してきた子どもたち。プール活動を通し、心も大きく成長したあお組さんです。

まずは鬼ごっこでウォーミングアップ・・・。「タッチー!」

ビート板を使ってけのびをしています。足が真っすぐ伸びていて上手!!

みんなお顔をつけています。すごい!!

真剣!!「肩の力抜いてね~。」

「パッ!」頑張って目を開けて息継ぎしています。 

ビート板なしに挑戦!

「やったー!一人でできたよ。」

ちょっと怖いけど、浮くのがおもしろいようです。

「ぼく、背泳ぎできるよ!」

最後は自由遊びの時間です。

お友達の練習をお手伝い。「頑張れ~!」

担任とバタ足競争!

最後は、講師の坂田先生に感謝の気持ちを込めて、プレゼントをお渡ししました。

『おにごっこやビートばんがたのしかったです。プールがだいすきになりました。ありがとうございました。』

プール大好きー!!

坂田先生、ありがとうございました。